スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS第2回

今日もノロノロと更新したいと思います……楽しみにしていた方、遅くなって申し訳ないですorz
今回もちょっとしたSSを付けてみました。今回は少し変態度が高めかもしれませんw
それではどうぞ……


「~♪~~♪」
とある日の午後、留美はいつものように「萬魔董商店」でアルバイトにいそしんでいた。
余程良いことでもあったのか、上機嫌に鼻歌まで口ずさんでいる。

「あらあら、ごきげんねぇ留美ちゃん」
「えへへ……明日は久しぶりに休みだから、思いっきりゆっくりできるなぁって思って……」
そう言う留美の顔は、嬉しそうに明日の計画を練っているようだった。

しばらくして仕事があらかた片付くと、することの無くなった留美は暇をもてあましていた。
店内には「店長」以外に人気はなく、お客が来るようすもない……。
しばらくボーッとしていた留美だったが、ふと何かを思い出したようすで「店長」にたずねた。
「そういえば店長、裁縫道具とかってこのお店にありますか?」
「お裁縫道具?確かあったと思うけど……何に使うのかしら?」
「ん~っと……部活でちょっと作ってたものがあるんですけど、けっきょく仕上げられなかったんで今やっちゃおうかな~っと……」
留美は高校では手芸部に所属している。普段はここでバイトをしているためあまり顔を出すことはできないが、もともと裁縫の腕は確かで、暇なときは気分転換もかねて裁縫を勉強するようにしていた。

「そうなの~。じゃあちょっと待っててね、確かここらへんに……」
と、店の奥のほうをゴソゴソと探し始めた。そのうち奥の方から「ポイッポイッ」と、まるでド○エ○んのポケットのごとく、得体の知れない道具が転がってきた。

(……せっかく片付けたのに……)
と呆れながら「店長」を待っていた留美だったが、しばらくすると30cm四方くらいの箱を抱えて「店長」が戻ってきた。

「はい、確かこの中に1式入ってるはずよ」
「あ、ありがとうございます……」
後でまた片付けなきゃなぁ……と、若干苦笑いを浮かべて箱を受け取ると、さっそく中身をチェックするために箱を開けてみる……と次の瞬間


ボフンッ!


「えっ……!?」
「あっ……!」
箱の中から大量の白い煙が出てくると、留美と「店長」が驚きの声を上げる暇さえ与えずに、店内中をあっと言う間に包みこんでしまった。

しばらくして煙が晴れると、ヒラヒラと2枚の布らしきものが落ちてきた。

ひらひら~w

「ひらひら~……」
「こ、これって……」
2人は、それぞれの顔や服が模様となった布になっていた。

「うぅ……体中がひらひらしちゃって力が入らない……」
「……どうやら、長い間放置しちゃってたせいでお裁縫道具にこの店の魔力が宿っちゃったみたいね」
と冷静に分析をする「店長」であったが、今の体ではどうすることもできない。

「これ……いつもみたいに元に戻るんですよね?「店長」まで布になっちゃってますけど……」
「それなら大丈夫よ、私ならすぐに戻れると思うか……ら……?」
留美を心配させないようにと声をかけた「店長」であったが、ふと自分の上にできた影が気になり、正面を「見上げて」みると……そこにはハサミや針といった様々な裁縫道具が宙に浮いていた。
そして二人に狙いを付けると道具たちがいっせいに襲い掛かり、二人の体を切り刻んだり、縫い付けたりし始めた。

「やだっ……ヤメテ!あたしの体をきらないでよぉっ!」
「こんなこと……ひゃっ!?そんなトコ縫わないでぇ……」
二人の悲鳴もむなしく、裁縫道具たちはお構いなしに二人の体を縫い合わせてどんどん姿を変えていく。

チョキチョキチョキ

チクチクチクチクチク

ぬいぬいぬいぬい

切られ、縫われ、綿をつめられ
やがて裁縫道具たちの動きが止まるころには、二人は安っぽいぬいぐるみの姿となってしまっていた。

ツギハギだらけw

(……ぬいぐるみになっちゃった……?)
(ってちょっとーーー!?何であたしの顔、こんな位置なの!?)

二人の体をバラバラにして適当に縫い合わせたため、二人の姿はツギハギだらけのなんともチグハグなぬいぐるみになってしまっていた。
二人とも口が縫われているために話すこともできないが、体が繋がっているためか、二人の間だけなら何とか会話はできるようだ。
(道具たちは箱に戻っていったみたいだから良いとして……後で元のお裁縫道具に戻してあげないといけないわねぇ……)
(そんなことより!どうするんですかコレ……ちゃんと元に戻れるんですか!?)
(……ん~……流石に体までバラバラにされちゃった上に、こんな姿にまでされちゃうと……少し時間がかかかもしれないわねぇ……)
(……それってどれくらいですか?)
(え~っと……丸1日くらい……?)
(……うわーーん!あたしの休日を返せーーー!!)

文字通り声にならない留美の叫びもむなしく、今日も「萬魔董商店」の一日が過ぎていくのであった。



―――――――――――――――――――――――――――
今回はこんな感じです、いかがだったでしょうか……?
「二人を布化→縫い合わせてぬいぐるみ化」という発想は、とある人との会話から生まれましたw
正直、今回のぬいぐるみ化はちょっと反省点が多かったです……もうちょっとデザインを考えるべきだったでしょうか?
それでは今回はこの辺で……次回もスローペースになると思いますが、がんばっていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツギハギだらけのイメージも
おいしい感じになりましたね(ニヤリ

こういう姿になっても時間で戻るのね・・・w

その発想はなかったw

お久しぶりです、梗霧です^^
布化→縫い合わせ人形化、
激しく萌えました>∀<

この…
手縫い特有のツギハギとか、
デザインの安っぽさとか。

No title

どうもT-坊!です。
今回は店長も変化しましたねw楽しく読まさせてもらいました。
布にして縫い合わせるってのも良かったと思いますよ。
こういう意外な状態変化って言うのもこちらもやってみたいですね…


すみませんが最後に自分の事で…私のブログに質問場所を設置してみたのでもし質問があれば利用してみてください。

ではまた。

No title

コメントありがとうございます。

>hさん
留美は無理ですが、「店長」はある程度なら自力で元に戻れます。
留美いつも「店長」に元に戻してもらってますw
元に戻らないと次の話に進めませんしw

>梗霧さん
デザインを安っぽくしたのは、いつもとデザインを変えてみたかったのでw……ツギハギの縫い目はもうちょっとリアルにすれば良かったかもしれませんね。

>T-坊!さん
楽しんでいただけて何よりですw
こういうちょっと捻ったネタは中々思いつかないのですが、形にできれば面白いと思います。
T-坊!さんのこういうネタも、見てみたいですねw

No title

いやー、すごいですね。
布化だけでなく、二人合体したぬいぐるみ化っていうアイデアは驚きですよ(笑)。
キャラクター紹介によると留美は「ある一件以来、体に細い針のような物が刺さるとぬいぐるみになってしまう体質になってしまう」っていう設定ですね。
これだとろくに予防注射も出来ませんよね(笑)。
今回の件で、店長と留美が二人で手をつないでいる時に針にさされると、今回のぬいぐるみになってしまう・・・っという特撮ヒーロー的な展開ですか(笑)。

No title

こんばんはです。

この流れは予想外でしたw
まず布化で反物化フェチの私大歓喜w
そして、まさかの合体人形化。
二人の色が混ざった感じが凄くいいですね。
こういう風に二人以上が変化してひとつのモノになるのもいいと思います。
私も何かやってみようかな?

異様に暑い日が続いてますので、体調には充分にお気をつけ下さい。
それでは…。

No title

コメントありがとうございます。

>ルパンガンバーさん
留美のぬいぐるみ化設定は、後々紹介というか、それをネタにしたSSを書いてみたいと思っています。
注射が打てないという弱点に関しても、ちゃんと回避する方法は考えてありますw

>メダぱに団さん
そういえば反物化のSSを良く書かれてましたね。
こちらは顔とかの面影が残っていますが、メダぱに団さんやトキさんが書くような、全く面影が残らなくなるような変化も好きだったりしますw
メダぱに団さんのこういうシチュのSSも読んでみたいですねw気が向いたら書いてみてください。

それでは感想ありがとうございました。
プロフィール

ケンガー

Author:ケンガー
管理人:ケンガー(見学者)

人が別の何かに変えられるというシチュエーションが好きな落書き描き。まだまだ至らない所が多すぎるのが難点……よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。