スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS第15回

今回はちょっとエロ有りで描いてみましたw
さっそくSSに入る前に、頂き物の紹介をば……

rumi.png
蒼灯さんから、留美を描いていただきました~!
全身銀色で覆われてますが、これは留美が水銀で覆われたヒーロー(ヒロイン?w)になったという設定で描いたからだそうです。
いつのも留美より、強くて凛々しく見えますねwいずれ本編でもこんな活躍をする日が……?w
蒼灯さん、すばらしい絵をありがとうございました!

それでは本編どうぞー
________________

「うーん……これは……」
日時は正午を回った頃、「萬魔董商店」では「店長」一人、ある物の前で悩んでいるようだった
店にはまだ、留美とメイアは来ていない……
「店長」の目の前に置かれたソレは、街中を歩けば度々見かける物であったが、この店に置いておくにはいささか不釣り合いな物であった。

「この手の九十九神は初めて見るから、どうしたものか……」
「店長」自身も、あまり馴染みの無いソレの扱いに少々手間取っているようだ
しばらく考え込んだ末に、もっと調べてみようと「店長」がソレに手を触れてみる……と、その時

(……我の願望が為、汝の胎内……借りうけるぞ……)
「え?……」
「店長」がハッキリとその声を聞いたと共に、店長の視界は一瞬でホワイトアウトした……

…………………………
…………………
……………
……


『こんにちはー!』
しばらくして、留美とメイアが珍しく二人同時に店内に入ってきた
どうやら偶然、店の前でいっしょになったらしい

「ふん……せっかくアタシが一番乗りだったのに……」
「ハハ……ってあれ?」
二人は各々店に入ったものの、「店長」の声が聞こえない事に気付いた
声どころか、店内には人の気配すら感じない……

「おかしいなぁ……また出かけるのかな……?」
「変ね……それなら戸締りはちゃんとしてくだろうし……」
「うっかり閉め忘れちゃったんじゃない?」
「『お師匠様』に限ってそんな事あるわけないじゃない!」
「ゴ、ゴメン……」
メイアに気押され、思わずたじたじと謝ってしまう留美
しかし、店内の違和感に不安を覚えた二人は店内を探してみることにした

「店長~!いるんですか~?」
「お師匠様ー?」
「……コよ……人……も……」
「……ん?」
二人は呼びかけながら店内を探してみる……すると、ドコからか声のようなものが聞こえてきた

「店長ー!ドコかにいるんですかー?」
「ココよ~!二人とも気付いて~……」
『へ?』
と、「店長」の声が自分たちの腰辺りから聞こえてきた
二人はその方向に顔を向けると……

ガチャ×2店長

『!!???』
そこには箱型の置物のような姿になった「店長」がいた……それも一糸纏わぬ裸の姿で……
しかもそれには「店長」の胸をあしらったような突起物が付いている

「な、何これ……「店長」……?』
「お、お師匠様ー!?何ておいたわしい姿に……』
「うぅ……迂闊に触ってしまったとはいえ……こんな事になるなんて……』
これには流石の「店長」も、恥ずかしさに顔を真っ赤にしている

「一体どうなっちゃったんですかコレ……それにこのおっぱ……レバー(?)みたいなのは……」
留美は「店長」の胸部分の突起がきになったのか、その部分を矢印に沿って捻ってみる……すると……

ガチャ×2店長2

「っ……あんっ!」
コロン♪
「……うわぁ」
と「店長」のアソコの部分と思われる場所から、カプセルが出てきた……
流石に留美も引いているようである……

「もしかして「店長」……ガチャポンになってる……?』
「うぅ……どうやらそうみたい……」
留美はハッとその正体に気付いた、そう……「店長」は今ガチャポンになっているのである

「ガチャポン……?』
「あ、え~っとね……100円とか200円を入れると、こんな風にレバーを回して景品を取ることができるっていう機械というかゲームというか……」
「それでこのカプセルみたいのが出てくるってワケね……」
ガチャポンの事を知らないメイアに留美が説明をする、そしてメイアはおもむろにそのカプセルを拾い上げようとした……が

「あ、メイアちゃん!ダメ!」
「え……?』
慌てて「店長」が止めるが間に合わず
メイアがカプセルに触れたとたん、メイアは声を上げる暇もなくそのカプセルに吸い込まれてしまった
そして……

ガチャメイア

(……?………!!?な、なによこれー!?)
メイアはそのまま、カプセルの中に閉じ込められてしまった……しかもまたも裸の姿で

「あぁ……なんてこと……」
「メ、メイアさんまで……」
(くっ……出られない……だ、出せー!!)
メイアは必至にカプセルから出ようとするも、カプセルはビクともせずメイアもあまりに窮屈に閉じ込められているため、ピクリとも動けなかった

「ど、どうしよう……「店長」は元に戻れないんですか?』
「それが……今、私はガチャポンの九十九神と合体している形なのよ……」
と、店長は思いもよらないことを口にした

「が、合体ですか……?』
「えぇ……無理に引き離せないことも無いのだけれど、私に憑いている九十九神が強い力で私から離れようとしないのよ……」
「な、なんでまたそんな……」
「私にも何が原因なのか……そういえば「我の願望の為……」って言ってたような……」
そして「店長」は、何かを思い出したようにハッとした表情を浮かべた

「どうやら……もう一度話合ってみる必要があるみたいね……」
そういうと「店長」は気持ちを静めて、自らの心の中に潜るように意識を集中していく……
そう……以前留美にやったように、自分の意識を自分の中にいる九十九神にリンクさせていくのだ……

しばらく沈黙して集中している「店長」を、留美はハラハラしながら見守っていたが
突然ポンッ!と音を立てて、「店長」の姿が煙に包まれた
留美は慌てて煙をかき消すと、そこにはすっかり元の姿に戻った「店長」と、古ぼけたガチャポンが置いてあった

「ふぅ……何とか元に戻れたみたいね……」
「店長!よ、良かったぁ~……」
元に戻った「店長」を見て、留美はほっと胸をなでおろした

「……でも、何で急に元に戻れたんですか?それにさっき言ってた願望って……」
「あぁ……それはね……」
「店長」は自分が着ていた服を拾い上げてそのまま着始めると、
留美にそれまでの経緯を話した

どうやらあの古ぼけたガチャポンは、ガタが来て使えなくなったものが九十九神になったものらしく、巡り巡ってこの店に来たらしい
九十九神となりいつしか意思をもったこのガチャポンは、また昔みたいに子供たちに遊んでもらいたいと思うようになり、今回の暴走に至ったのだと言う
そこで「店長」は、このガチャポンをこの店に置いて使ってあげる事を条件に解放してもらう事にしたのである

「……でも何で、「店長」を取り込んだりしたんでしょうね?』
「子供たちに使ってもらうには景品となるカプセルが必要でしょう?それを調達する為に、魔力の強い私を取り込もうと考えたみたいね……まさか、あんな方法で調達するなんて思いもよらなかったけれど……って、いけない!早く戻してあげないと……」
と言って、落ちていたカプセル(inメイア)を拾い上げ、そのままカパッと開ける
するとポンッと再び煙が立ち昇り、素っ裸のメイアが姿を現した

「うぅ~「お師匠様」……ひどいですよぉ~……アタシを無視するなんて~……」
「ゴ、ゴメンなさいね……」
メイアは恥ずかしそうに体を隠し、涙目で「店長」を訴えている
「店長」も申し訳なく思ったのか、そばに落ちていたメイアの服をメイアに着せてあげることにした

「……でも、使ってあげると言っても「景品」が要りますよね?どうやって用意するんですか?」
「それなんだけど……留美ちゃん、裁縫が得意だったわよね?」
「えぇまぁ……」
「もし良かったら、景品を留美ちゃんが作って貰えないかしら?素材の代金はお店で出すから……ね?」
留美はその発想は無かったと、目を丸くして「店長」に問いかけた

「わ、ワタシがですか!?」
「えぇ……お店が暇な時とか、その合い間に作って貰えると助かるんだけど」
「うーん……このガチャポンの為ですし……わかりました、がんばってる作ってみます!」
「ありがとう!留美ちゃん」
ある意味自分にしか出来ない仕事を与えられて、嬉しそうにしている留美
しかしその光景を見て、面白くなさそうにしている人物が一人……

「……ふん、裁縫くらいアタシにだってできるもん……」
と、メイアがボソッと呟いた

「あら?手伝ってくれるのならメイアちゃんにも頼もうかしら」
「え……え、えぇ!任せてください!」
そういうメイアの顔はやや引きつってるようにも見える

「じゃあ、二人ともお願いね!」
『はい!』
こうして、二人に新たな仕事が増える事となった

後日、案の定不器用な手つきで必死にぬいぐるみを作っているメイアを、留美が作りながら教えるようになっていた

「ここはこうして……あ、違う違う!ここは折り目に沿って……」
「い、言われなくても解ってるわよ!」
こうして少しづつ仲良くなって……いっている気がする二人なのであった。

__________________________

本日はココまでです
冒頭でも言ったとおり、今回はとある人の意見も取り入れた結果
エロ有りで描いてみましたw
エロく描けてるか自信はありませんが、個人的には楽しく描けましたw

それではまた次回~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいぞもっとやれ

No title

まさかの留美一人勝ち
やったね!この調子で変化させられない話が続くと良いね!
ツヅクトイイネー

No title

>名無しさん1
ありがとうございますwこの調子で行けたらと思ってます

>名無しさん2
今回は「店長」も変化させたかったのでw
留美にはがんばってもらって、変化されない日がツヅクトイイデスネー(棒)

No title

うーんエロいのはいいけど関連性が留美ちゃんをもて遊んだみたいに
ガチャポン店長を生かしてくれたらエロ無しでもさらに◯

No title

>名無しさん3
関連性とかは特に考えずに、ただ描きたいものを描いただけなのでw
とはいえ、今後は少し考えてSSも作っていけるようにしたいと思います。
プロフィール

ケンガー

Author:ケンガー
管理人:ケンガー(見学者)

人が別の何かに変えられるというシチュエーションが好きな落書き描き。まだまだ至らない所が多すぎるのが難点……よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。